ボックスガルバート本体の形状寸法は、協会型ボックスガルバートと同じ。
製品端部を加工し、可とう継手を取り付ける。
可とう継手の性能は、目開き50mm、沈下量100mmまでの変位を許容。